カテゴリ:自作都市伝説( 6 )

都市伝説を考えよう~第6回~

都市伝説を考えようとか言い出したの誰だよっ!マジぶっ殺す!

あー、何だ…。
俺じゃないか(⌒▽⌒)

ちょっと首吊ってきます。
a0077869_14273377.jpg




以前は『夢日記』をつけたりしてましたが、
この『自作都市伝説』と同じくらい、長続きしてませんねw

もう少しネタが浮かぶと思っていたが、世の中そんなに甘くない。
ネタになりそうな不思議なこと・怖いもの、など既に出尽くしてしまってるよ…。

「ん……?」

a0077869_1563193.jpg


声屋って何か怖い…。


『こえやさん』

夕暮れの中、街灯のない道を歩き、帰宅するA子。
すると、目の前に見慣れない老婆が。
特に気にすることもなく、A子が通りすがろうとすると、
「声はいらんかね?」
「えっ?」
「声はいらんかね?」
聞きなおしたA子ではあったが、2度聞いても老婆の言葉が理解できないA子。
急いでいたA子は、「いりません」と答え、足早に老婆のあとを去った。
次の瞬間。
老婆が再び目の前に現れ、A子は喉を潰されてしまった。

ちなみにA子が「いる」と答えると、
のどちんこを2つに増やされ、のどちんこをアメリカンクラッカーのようにされてしまったのだ。

※かしまさんのパクリ。




『声屋』

昔から自分の声にコンプレックスをもっていたA子。
野太く、とても低い声。
自身の小さな胸もあいまって、男と間違われることもあった。
毎週、ボイストレーニングをしているA子だが、声が改善されることはなかった。
自然と人の少ない路地を歩くようになり、薄暗い道を進んでいた。
すると、小さな店を見つける。
A子はそこの看板に目がいった『声、変えます』。
藁をも掴む思いで店内へと入るA子。
「声を変えてくれるんですか?」
「えぇ。こういう声がありますよ」
店内にいたのは初老の女性。
ラジカセを再生させ、そこから『こんにちは』と美しい女性の声が流れた。
「その声にしてくださいっ!!」
「1万円だよ」
1万円を支払うと、小さなカプセルを渡されたA子。
直ぐにカプセルを飲み込む。
店を出て、自分の声を確かめた。
「こんにちは」
野太い男性ボイスはそこになかった。
歓喜して、何か歌をうたおうとしたA子だったが、違和感を覚え、店へと引き返した。
「どうなさいました?」
『”こんにちは”以外の言葉が喋れないのよ』
と紙とペンで伝えた。
「でしたら、他の言葉も買って頂かないと…」
大量のカプセルが1個1万円で販売されていた。



良くある話過ぎる…。

うん…。
この企画は終了ということで…。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-04-12 17:45 | 自作都市伝説

都市伝説を考えよう~第5回~

『シミ』

「前の居住者が突然死した。」ということで、A子はかなり安くアパートを借りることができた。
以前の居住者はカップルで隣同士の部屋を借り、お互いに部屋に相手の写真を飾るほど仲が良かったそうだ。
しかし、男性が突然の変死を遂げると、後を追うように女性も突然死したそうだ。
オカルトの類に全く興味のなかったA子は、特に気にも留めなかった。

A子は部屋の片づけをしているときに、奇妙なシミを見つけた。
そのシミははっきりと人の顔に見えた。
築40年もの古い物件である為、仕方ないことだと思いはしたが、なんとか汚れを落とそうと爪で削ってみた。
少し汚れは落ちたものの、やはり不気味さは拭えない。

翌日の朝、A子は片づけを終え、隣人への挨拶に向かった。
隣人は不機嫌そうに、顔を包帯で巻きながら出てきた。男性のようだ。
「そのケガ、大丈夫ですか?」
軽い気持ちで訊ねると、
「今朝、起きたら傷があった」
と、本人にも良く分からないようだ。

その日の昼ごろ、A子は壁のシミを落とそうと思い、クリーナーを買ってきた。
クリーナーを1本丸々使って落とせたのが、顔の目にあたる部分だけだった。

翌朝、隣室から悲鳴が聞こえた。
気になって急いで駆けつけると、男性の目玉が床に落ちている。
A子が「どうしたんですか?」と訊ねると、
男性は「今朝、起きたら…」と困惑している。

その日、A子は壁のシミを全て落としきることに成功した。
クリーナーを丸々9本使ってだ。

翌日、警察が訊ねてきた。
隣人が変死を遂げた。
顔が、引きちぎられたかのように落ちているそうだ。
参考人として、警察に被害者の部屋に案内され、見せてくれた隣人の顔に見覚えがあった。
それは壁のシミと酷似していたのだ。

部屋で捜査をしている警官が、棚を移動させると、そこにシミがあった。
そのシミは、A子の顔だった。




こんなんじゃダメだ…orz

都市伝説としてメジャー化させ、世にも奇妙な物語で放送されたときに、
著作権を主張して大金を頂くには、こんなんじゃダメだ…orz

本当はそんなこと考えてませんよ。
むしろ、今の計画の方が都市伝説……。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-03-15 12:59 | 自作都市伝説

都市伝説を考えよう~第4回~

『だるまさんがころんだ』

最近、多くの市町村でこの遊びが禁止されている事をご存知だろうか…。
それには、こんな理由がある。

ある所にとても仲の良い父と息子(A男)がいた。
妻を早くに亡くし、男手1人でA男を育てており、A男を溺愛していた。
A男は、ラーメン店を営む多忙な父を思い、家事をこなし、店も手伝っていた。
自慢の息子だった。

しかし、A男は母親がいなことを理由に学校でイジメられていた。
イジメっ子グループのリーダーが「だるまさんがころんだをやろう」と言い出した。
学校が終わり公園に集まる子供たち。もちろんA男もその中にいた。
イジメっ子達はA男の両手両足をロープで縛り、遠く離れた木に移動した。
「そこからココまで来いよッ!!」
「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー」
A男は黙って、砂利に覆われた地面を膝だけで進んだ。
そして何度も転んだ。そのたびにイジメっ子達は爆笑する。

不幸なことにその公園は、A男の父親のラーメン店の側にあった。
その光景を目の当たりにした父親は、頭に血が上り、怒り狂った。
「があああああああああああああああああ」
そして父親には、A男の両手両足が切断されているように見えてしまった。
「ああああああああああああああ」
父親は、イジメっ子たちが「だるまさんがころんだ」を言うまでの間に近づいた。
そして、持っていた包丁でイジメっ子たち全員の両手両足を切断してしまった。

その後、父親は自殺。
A男はこの事件で精神がおかしくなり、病院へ。その3年後に死んでしまった。

しかし今も、この『だるまさんがころんだ』をすると……。



今回ももちろん自作です。
ですが、『だるまさんがころんだ』に至っては、もともと都市伝説があります。

風呂で頭を洗っているときに、「だるまさんがころんだ」と頭の中で思ったり、喋ったりすると……
…みたいなのがね。

一応、話としては自作なんですが…。 ( -`ω-)ウーン
もっと独自性のあるものを考えたいもんです。

できれば、最後に「おまえだっ!!」となるパターンの話をつくりたいなぁ…。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-03-09 00:51 | 自作都市伝説

都市伝説を考えよう~第3回~

今回も完全自作。
今朝起きたときにパッと浮かんだ。


『白い手』

A子は几帳面な性格だ。
毎晩寝る前に、窓やドアの戸締りを必ずしてから寝ている。
特に、この寒い時期にドアを閉め忘れることなどない。
古くから愛用している暖房の火力では、寝室を暖めるのが精一杯なのだ。
「なんでだろう…?」
夜中に寒さで目が覚めたA子は、ドアが開いていることを不思議に思った。
しかし眠気には敵わず、ドアを再び閉め眠りにつく。

朝方、A子は寒さの為に定刻より早く目が覚めた。
見ると、ドアがまた開いているのだ。
「どうして…」

それは毎晩続いた。
ドアにストッパーを置いて開かないようにしても、いつのまにか退かされて開いている。
棚を移動させ、強固にドアを止めると、今度は窓が開けられていた。

A子は恐怖心を抑えつつ、寝室に監視カメラを設置。
映像を確認すると、白い手が突如浮き上がり、ドアを開けている。
白い手は、ドアを開けると直ぐに消えていった。

A子は急いで霊媒師に相談。
悪戯をする低級霊の仕業と言われ、除霊をした。
その夜、白い手が現れることはなかった。

A子は安心して、ぐっすりと眠ることができた。
そして、そのまま一酸化炭素中毒で亡くなった。




今回は結構な力作だと思われ。
えっ?良くある話だって?そうですね、そうですとも…。

まぁ、あれだ。
一酸化炭素中毒とか流行ってるし(今は硫化水素?)、
古い家電製品の危険性を訴えるイイ都市伝説になったと思う。俺は思う。

是非、この話を広めていきたいですね。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-03-04 15:40 | 自作都市伝説

都市伝説を考えよう~第2回~

第2回目の今回は完全自作に挑戦。



『百目の子供』

A子は中学生の頃から大勢の男性と付き合っていた。
無論、肉体関係にまで発展することも度々あり、中学生・高校生の小遣いで避妊する余裕もない。
A子は避妊することなく、生殖行為に及んでいた。程なくA子の妊娠が発覚。
両親には相談できず、中絶するだけのお金もない。
A子は過度な運動や腹部を痛めつけたりし、自力で強引に流産させた。

それでも、A子は男付き合いをやめなかった。
そして妊娠、流産を繰り返していた。

そんなA子も社会人になると、運命の男性と巡り合い結婚。そして妊娠した。

幸せの絶頂の中、流産することもなく無事に出産……
「なんだこれは」
「何でしょう」
我が子を取り出した医師と看護師が不思議そうにしている。
その赤ん坊には体中に傷のような線が幾つも付いていた。
そんなことをお構いなしに、我が子を抱きたい一心のA子は、医師から赤ん坊を受け取った。
A子が赤ん坊を抱き寄せると、赤ん坊の目が開いた。
「きゃあああああああああああああああ」
目が開くと同時に、赤ん坊の全身に無数の眼が現れた。
医師が訝しんだ無数の傷は全て赤ん坊の眼だったのだ。
A子は赤ん坊を投げ捨て、発狂してしまった。
赤ん坊は投げ捨てられた衝撃で死んでしまった。

胎児の体のうちで一番早く出来上がる眼は、乱暴な中絶で取り除かれず、A子の胎内に残っていた。
それが赤ん坊の身体に融合していき、全身に眼が現れたのだった。



ハイハイ、ワロスワロス。
自分で考えてみたものの、あまりに強引な設定。
一応、現代の日本を風刺するような社会的な都市伝説にしたつもりです。

気に入った人は、是非!是非!広めていってください!!
いつかこの話が世間に浸透することを願って、第2回終了。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-03-02 14:54 | 自作都市伝説

都市伝説を考えよう~第1回~

はい!始まりました。都市伝説を考えようのコーナーです。

確か、以前、自分が都市伝説を作りたいとかほざいてた気がしますので、
試しに作ってみようと思います。

都市伝説や怖い話のブームは既に去ってしまったと思われるので、
そろそろ自分が触れてもいい感じだと思った次第です。
流行には逆らいたい性分ですので。

ここで作成する都市伝説はいわゆる恐怖系をメインにしていきます。

まずは原型のあるものを弄って作成したいと思います。



『潜む男たち』

B子は、アパート暮らしの女子大生A子の部屋に泊まりに来ていた。
A子は真夜中にコンビニに出かけると言って、部屋を出ようとした。
すると、B子は血相を変えてA子を引き留めた。
「何するのよ、B子」
B子は首を振りながらA子の腕を掴み、頑としてはなさない。
A子が力任せにB子の手を振りほどこうとすると、B子は震えながら外の物置を指差した。
「キャアアアアアアア」
その物置には斧を持った男が100人も乗っていたのである。



如何でしたか?
これは有名な都市伝説『ベッドの下の男』を元に作成しました。
1人でも恐ろしい斧を持った男が、ナント100人も。
しかも「100人乗っても、だーいじょーぶ♪」 な物置の耐久性でも恐怖させる作品。

このブログを見た方がいましたら、
是非ともこの都市伝説を広めて欲しいと思います。


P.S. 苦情は一切受け付けません。
[PR]
by nozomi_eru | 2009-02-25 03:15 | 自作都市伝説