<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

入院7日目 5/31

朝の診察で、口の両頬からのびていた管が抜かれた。
タンクに溜まっている血は10ccもなく、問題ないと判断された。
どうやって繋がっているか疑問だったのだが、抜かれたといって疑問が解消された訳ではなかった。

ただ、引っこ抜かれた。そんな感じだ。
頬の皮のようなものが残った感じがする。

さらに、ゴム牽引の自己指導がされた。
矯正器具にゴムをかけるだけだが、今までやってきた中で一番小さいゴムのため
序盤はやはり苦戦。なんとか掛けることに成功。
メガネがあればもっと楽にできそうだ。つまりは病室なら楽にできるだろう。
それでも、初めてにしてはかなり上手いと褒められた。
女医に。

病室に戻ると、息つく暇も無く薬剤師の先生が入ってくる。
神経回復のための薬を渡された。毎食後に飲む。
そう、今日から食事ができるのだ。

下唇(左側)に若干の麻痺があったが、特に気にならない程度だった。
すぐに治癒することを祈る。

昼食が運ばれてきた。
水分5分ご飯5分のお粥。
オカズは徹底的に切り刻まれたキザミ食だ。

久々の御飯。正直楽しみにしてました。

が、キザミ食を一口食べてガッカリ。

まずい・・・。まずすぎる・・・。
ほうれん草とニンジンを刻んだだけでこんなにも不味くなるなんて・・・。びっくりだ。

私は決して美食家ではない。学校給食も文句言わずに全部食べきっていた。
だが、これは・・・まずすぎる。
普通に食べ物として食べたモノの中で一番不味いと思う。

お粥も勿論美味くないが、久々の食事のため、そこは我慢できた。
それに不味いお浸し(?)を流し込むために、お粥は重宝した。

食事を終えると、邪魔な包帯を少しよけ、イヤホンを捻じ込む。
久々にmp3を聴いた。
なんか新鮮な感じがした。

今、自分についている枷は点滴と包帯のみ。
吸引の必要も全くなくなり、寝返りも楽にうてるようになった。

すると、母親が迎えにきた。
親は「痛そう」といった感想をもったようだが、痛みはなかった。
首のところに酷いアザが広がっていたようだが、痛みはなかった。
包帯が緩くなっていたために、先生が親の目の前で包帯を掛けなおした。
すると、親もびっくりの顔面が露に。
プチトマトのようだと話していた。
丸い顔、上にちょこんと髪があると。
私は別に剃りこみを入れてる訳じゃありません。
至って普通の髪形なんですが・・・。

煎餅の感想もきく。
2番目に買ったとこが美味しいそうだ。

28日に折角もってきて貰ったパソコンだが、エラーのため動画再生ができない。
メモ書きを渡し、DirectXを持ってくるように頼んだ。

早ければ、また明日来るとのこと。

夕飯ももちろん美味くはなかった。
ただ、鶏肉とジョアのお陰で幾分かマシ。
そんなに苦もなく噛むことができるので、もう少しまともな食事がしたい。

眠りにつく前、向かいのベッドの老人に備われている医療器具が鳴る。
ピーッと甲高い音の為、全然寝付けなくなる。

看護師が来るまでソレは鳴り続け、
何もせず、何も考えずに、消されるのを待っていた。

看護師さんが病室に来てから5分ほどして鳴り止んだ。

そして、僕は眠った。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-31 23:59

入院6日目 5/30

今日も朝から診察。
今日は気分が悪くなることもなく、歩いて診察室へ。

診察の最初に鼻の管が抜かれた。
鼻に痛みと気持ち悪さがあったが、抜かれると世界が変わったかのような爽快感。
随分と呼吸が楽になった。

ベッドに戻ってしばらく休んでいると、うがい薬と唇の軟膏を渡された。
さらに、病室を最初の624号室に戻るとのこと。
ベッドを看護士さんが移動させ、私は歩いて帰還。

624は最初のときと変わらず、カーテンで区切られた静寂の空間。
お陰でゆっくりと休むことができた。

うがいをし、軟膏を塗り、睡眠。

トイレへ。
鏡に映る自分の顔はひどく腫れていた。
先生も「かなり腫れがひどく出ている」と言っていた。

弁慶のような包帯に、アンパンマンの顔が凝縮されているような雰囲気。
顔が全体的にパンパンに腫れている。ひどい・・・。

軟膏が乾いてくると、唇が脱皮をするかのようになった。
堪らず、下唇の皮を剥がすと、綺麗に、それは見事に捲れていく。
捲り終えるとプルンプルンの下唇が露になった。
少し楽しい。

私の隣のベッドの患者さんが退院していった。
病室は2人だけになり、さらなる静寂を手に入れた。

主治医の先生が見回りにきたときに、腫れが徐々にひいてきてると言ってくれたが
全然そんな気になれなかった。


夜はゆっくりと眠れた。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-30 23:59

入院5日目 5/29

朝から診察がある。

診察の前に尿道に入っている管を抜くそうだ。
尿道に入っている管を探るように看護師さんが病衣の中
さらに、下着の中へと手を這わせてくる。
自身の短小包茎な息子にソッと触れたかと思うと、
管を抜いた。
生暖かいモノが息子の中を通る感覚。
私は無心でソレとやり過ごした。

ベッドを立ち上がり、エレベーターに向かうが気分が悪くなった。
立っていられなくなり、その場に座り込む、看護師さんが車椅子を持ってきてくれ
一旦病室まで戻ることに。

ベッドに横になる。
血と痰を何度も飲み込んでしまったため、血が抜けたため、寝不足のため
理由はいろいろあるだろう。
看護師さんに背中を擦ってもらい、一時的に気持ち悪さから脱出。
診察の前にレントゲンに行くことに。

車椅子に座り、ティッシュとくず入れを持って出発。
スタッフ専用通路を通り、ショートカットでレントゲン撮影に。
撮影時何度かフラフラと倒れそうになったが、1枚だけの撮影。何とかクリア。
続けての診察は無理そうだったので、病室へ。

そこで吸引の自己指導があった。
チューブを使い吸引していいと言われ、早速実践。
別に難しいこともなく、これからは気兼ねなく吸引できる喜びを実感。

ただ、気持ち悪さのため、しばらくはティッシュに出し続けた。
3時間程の睡眠ののち、気持ち悪さを脱出した私は診察室へ。

診察では噛み合わせの確認でゴムを取り、再びゴムを牽引。
さらにタンクに溜まった血を処分した。

診察を終えると睡眠しようと思ったのだが、
病室のちょっとイッチャッた感じの老人がウルサイ。
血糖値が366とかあるくせに、シュークリームを買ってきて食べようとしている。
しかし、看護士にとめられる。
引き出しの中にあるパンを食べようとするが、再び看護士にとめられる。
しかも、そのパン2,3日前のモノらしい。看護士の話では小蝿が飛んでたとのこと。
仕方なく老人はパンを諦め、シュークリームだけを食した。
しかし、シュークリームを食べきれず残そうとする。
「食べきらないなら捨てないとダメだよ」と看護士。
「いーよ、明日食べるから」と老人。
「なら、冷蔵庫使ってね」
「お金かかるよ」

しかも、そのあとラジオを聴き始めたのだ。ノンイヤホンで。
うるさい・・・。

お陰で寝られない。

しばらくしてから、再び看護士さんが訪問。
ラジオのことを注意した。イヤホンをつける老人。

しかし、静寂は30分ともたなかった。

ウィーーーン。
老人がシェーバーを使い始めた。
まぁ、少しの辛抱。
シェービングが終わると再び静かになるよなと期待していたのだが・・・。

10分に1回位のペースで「うぇあぉぉ・・・ぁ」と奇声を発し始める老人。

さらに30分に1回位のペースでするシェービング。もう訳わからん・・・。

自分で吸引するようになったため、気持ち悪さは大分無くなったのだが、
イライラが蓄積するようになった。

夜になると、喉も鼻も痰が溜まらなくなり、血も止まった。

すっきりした左鼻で呼吸をして、睡眠をとることができた。

そういえば、特に気にも留めていなかったのだが、座薬を入れて貰ってから
手術の痛みは全くなかった。

エカッタエカッタ
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-29 23:59

入院4日目 5/28

今日は手術。
朝から大人しくしていると、手術衣に着替えるよう言われる。
ドラマ何かで良く目にする、青いあの服だ。
着替え終わると、採血と点滴。

間もなくして、手術に付き添う母親と祖母が到着。
病人らしくなった自分を見て、病人らしくなったねとまんまの感想を述べられる。

緊張は完全に拭い去ったつもりでいたが、直前になり自分の心臓が強く脈打っているのに気がつく。
喉が渇いてきた。しかし、禁食禁水だ。我慢我慢。

筋肉注射をした。
注射針が刺さる瞬間は点滴と差ほど変わらない痛みだが、
何かを注入されるときに、大きな痛みを伴った。

さらに、しばらくすると看護師さんが複数名お迎えにきた。
それは手術の始まりを表している。

ベッドごと移動させられる。
寝ながら天井が動くのは何とも不思議な感じだ。
手術室に入ると眩しいほどの照明で照らされた。
名前を呼ばれ本人確認される。
すると点滴から麻酔ガスが流し込まれ、手足の先が痺れてくる。
先から背中全体へと伝わり、背中から上へと伝わっていく。自然に目が閉じた。
・・・・・・。
・・・・・・。

目を開けたのかもしれない。
「終わりましたよ」と言われた?
手術室から病室(個室)へ運ばれる。

目を開けても、すぐに閉じてしまう。
母親が横で何か喋っているが、正直「うるさいなぁ」としか思えない。
虚ろ虚ろとしたまま、次第に麻酔が切れていくのを感じ、
頬に激痛。
例えようのない痛み。
ガンダムに小指をぶつけたような、いや、冗談だが。
たまらずナースコール。
下着をおろされ座薬を挿入させられる。グッバイ!アナルヴァージン!

落ち着きを取り戻すと、自分がとんでもない状態なのを感じた。
右鼻穴からチューブ
口から左右にチューブが2本
排尿のために尿道に入っている管
さらに頬が腫れている
・・・気持ち悪い。

母と祖母が帰宅すると、
さらに病室が移動した。個室は別の人が使うようだ。
620号室ナースステーションに一番近い4人部屋の病室の窓際。
自分以外は脳神経外科の患者だった。

口に溜まる痰と血を細いチューブで何度も吸引してもらう。
口だけでは足りないと看護師が判断したのか、鼻からも吸引。
鼻の吸引は痛みを伴ったが、だいぶ楽になった。
それでも血と痰は何もしなくてもどんどん溜まっていき30分に1回位のペースでナースコール。

右鼻穴が塞がり、左の鼻穴も血や鼻水で塞がることが多く、
自然と口で呼吸をするように、そのため喉が痛くなる。
しかし、喉の痛みはどうにもならないらしく、「我慢してね」と一言。

頬からのびるチューブは血液をためるタンクに繋がっており、左150cc・右100cc程の血液が溜まった。

夜は眠れなかった。
たまる痰と血のため、ナースコール。
深夜だと良心も痛み、ティッシュに出すが、すぐに手元のゴミ箱はいっぱいに。
堪らずナースコール

一睡もできずに朝を迎えた。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-28 23:59

入院3日目 5/27

3日目。
今日は本格的にやることがない。
明日が手術のため、出かける気にもなれなかった。

ろくにメニューが変わった感じのしない食事を終え、
途中だった『あんでっど・ばにすた』を読み終えた。
まぁ、微妙だった。

そこから「ハヤテのごとく」を観る。
TVは25時間1000円のカードを使わないと観られないため
あまりTVを観る気はなかったのだが、ハヤテは観ようと決めていた。

うん、面白い。
続けて「笑っていいとも増刊号」でも観ようと思ったが、
そこはラジオで聴くことに。
笑っていいともは音だけでもそれなりに楽しめる。

昨日聴いた「IQサプリ」は音だけでは大変つまらなかった。

昼食を終え、
明日が手術のために入ることが許された風呂へ直行。
戻ると、「伊集院光 日曜日の秘密基地」がやっていることに気がつき聴く。
面白いけど、「深夜の馬鹿力」ほどではないなぁ。
もっとフリートークがあればいいのに。てかゲストいらない。

ラジオが終わる前にどうやら寝てしまったようだ。

ガラガラガラっとお茶が運ばれてくる音で目を覚まし、
夕食。

夕食を終え、TVをラジオでしばらく聴き、
消灯時間の22時を過ぎてからは、AMラジオ文化放送を聴き
静寂に満ちた夜の病院の恐怖を耐えながら、睡魔が襲ってくるのを待った。

入院するに至って、看護師さんに僅かながら期待があった。
新しい病院だったし、若くて可愛い看護師への期待。
男性ならば仕方のない欲望だ。
しかし、それは幻想だった。
看護師という仕事は肉体労働も多く、ストレスも溜まるのだろう。
入院3日目だし、6階にいる看護師さんしか見てはいないが、
若くても、随分とがっしりしている看護師さんが多い。
擬音で表現すると、
「フンッ」「ガッ」
笑い声は英語が良く似合う
「HAHAHAHAHA」
または、
「がはは」だ。
老人を小脇にかかえてベッドに移動させそうな女性ばかり。

他はベテラン看護師(30代~40代)体型は普通~太め
看護助師さんも多いのだが、若い人はいない。

若くて可愛い看護師さんは1人だけ。
しかし、深夜勤務のため夜に少しだけ顔を合わせる程度。
「深夜の美人看護師」
妄想を掻き立てるには十分な素材だが、それだけだ。

そんなことを考えつつ、私は眠りに落ちていった。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-27 23:59

入院2日目 5/26

乳淫2日目。おっと入院2日目。
ろくに眠れないまま、朝を迎えた。
久々に深夜までラジオを聴いた。

手術は28日。
今思えば、入院するのが月曜とかなら火曜が手術になったのではないか。
もう遅いが。それに月曜から入院の予定は提示されなかった。

朝からmp3を聴いた。
選曲を間違えたなぁ・・・と言うのが幾つかあった。

今日は外出の予定だ。
手術中に食べるから買っておいてと頼まれた煎餅を買いにいくのだ。
ついでに暇つぶし用の本を買おうかと思う。

入浴を早めに済ませ、14時に外出。
外出願いを書く、理由は「特になし」

外出をして早々に友達にメールをし、自分の居場所を伝える。
歩けども、歩けども目的の煎餅屋は現れない。RPGで言う所の「通せんぼキャラ」がいる訳でもなく、
歩けども歩けどもない。
「ん・・・?」
1軒見つけた。

久助が軒先に一斗缶で置いてある。少し「欲しい!」と思ったが、普通に考えればいらない。
そこで本屋を見つける。なかなか品揃えがいい。
ガガガ文庫を買おうかと思ったが、財布と相談し断念。
しかし『相沢家のえとせとら』の購入を決める。

引き返し、草加駅に向かう。
途中のゲーム屋で普通にDSliteが売っているのを見かけた。
駅周辺はなかなかの賑わい。
草加は美人さんが多い気がするなぁ・・・。気のせいか。
駅周辺は都会の喧騒を匂わせていたが、そこはやはり、埼玉!草加!
少し路地の方に入ると、商店街のような軒並み。

お目当ての煎餅屋もちらちらと目に付いてきた。
そこで面白いモノを見つけた。
でかでかと『コンビニエンスショップ』と書かれた店。
店先にあるのは乾物や惣菜。うーん、コンビニエンス・・・。

通りを端まで歩くと7軒の煎餅屋を見つけた。
そこから適当に見繕って買っていこう。

こういう場合、皆さんはどういう店で購入するだろうか。

私はなんとなく看板がたくさんある店は避ける。
電柱にやたらと看板がある店があったので1軒削除。

ホームページがある店、全国配送している店は避ける。
ネットで買えると思うからだ。2軒削除。そのうちの1軒は普通に休業だった。

と、言うわけで通りの奥から順番に煎餅を購入していく。
最後に入ったお店で既に地元っぽいお客さんが入っているのを確認。
「おっ、当たりか?」
ふと、店内を見るとサイン色紙が。
『ズームイン朝』なんとも微妙な感じがしたが、店の人の感じの良さに惹かれ購入。

帰りに駅前で見つけた本屋で『相沢家のえとせとら』を購入。

そのまま病院に戻り、本を読む。
しかしコミック。大して時間も掛からずに読破。

と、病室に何か違和感。
見ると、ベッドの1つが空いていた。
病院だから・・・、こんなこともあるよな・・・。
いや、退院してっただけですが。

再びmp3へ~。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-26 23:59

入院初日 5/25

入院当日。
朝からの生憎の雨のため、電車の予定だったのを、車に変更。
通勤ラッシュの時間と、雨天のせいで道がとても混んでいた。
道にも迷ったため、時間には間に合わず、若干過ぎて到着した。
もちろん私の運転ではなく、母親の運転だが・・・。

到着すると病室まで案内された。
624号室。6階である。

病室は静寂に満ちていた。
ベッドは自分のモノ以外全てがカーテンで区切られている。
挨拶はおろか、顔すら最初は誰一人見なかった。

自分のカーテンは開かれている為、すれ違い様に同室の2人に挨拶を交わす。
結局、正面の患者さんは見もしなかった。

まずCT検査。
白い筒の中に出たり入ったり。
目を開けたり、閉じたりした。特に意味はない。

病室に戻り、主治医の先生の話を聞きにいく。
手術の内容及び、後遺症の話を母親と共に聞いた。
先生の話に寄ると、私の骨は太く、神経も顎の奥のほうに位置しているため
麻痺が残る可能性や、神経を傷つける可能性は少ないとのこと。
胸を撫で下ろす。

この時点で特にやることがなくなったため、母親が帰宅。

私はと言うと、特にやることもないのでラノベを読み始める。
入院中にちまちま読んでいこうと買っておいた本
『ミミズクと夜の王』
そして、私はここで大失敗をしてしまう。

ラノベをしっかりと読むのは久々だったため、時間が掛かるだろうと踏んでいた。
しかし、
面白いと聞いていた通り、確かにこの本オモシロイ。
2時間と掛からずに読み終えてしまった・・・。

電撃文庫っぽくない。本当に御伽噺のような話。このまま映画にもできそうだ。
正直、ベタである。あまりにも展開が読めるし、クライマックスもベタベタだ。
でも、物語に入り込んでしまう。
ベタだけど、読み手を飽きさせない設定。

話の登場人物はイイ人だらけである。しかし、過去や回想の登場人物は醜い人だらけ。
意図したものかどうかは不明だ。

そして、やることがなくなった。

もう1冊買っておいた『あんでっど・ばにすた』を読み始めるが、
うーん・・・。
この人の作品は『吸血鬼のおしごと』以外あまり好きになれない。
20分程読み、終了。

それからはmp3を聴いて時間を潰した。
因みにmp3はこんな感じ

アニメ(フォルダ名)

01.the WORLD
02.ひぐらしのなく頃に
03.Windy Girl・誰かが時の中で
04.心にわたしがふたりいる
05.もってけ!セーラーふく
06.かえして!ニーソックス
07.赤と黒
08.絶望ビリー
09.アルミナ
10.翼はPleasure Line

ゲーム

01.Precious Memories
02.Rumbling hearts
03.鳥の詩
04.last regrets
05.Face of Fact
06.覚えてていいよ
07.Princess Bride!
08.ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト
09.ガチャガチャへるつ・ふぃぎゅ@ラジオ

ハルヒ

01.冒険でしょでしょ?
02.倦怠ライフ・リターンズ!
03.ハレ晴レユカイ ~Ver.キョン~
04.パラレルDays
05.雪、無音、窓辺にて。
06.見つけてHappy Life
07.まっがーれ↓スペクタクル
08. 青春いいじゃないかっ
09.COOL EDITION
10.妹わすれちゃおしおきよ
11.恋のミクル伝説
12.God knows...
13.Lost my music
14.最強パレパレード
15.ハレ晴レユカイ

同人

01.魔理沙は大変なものを盗んでいきました
02.患部で止まってすぐ溶ける ~ 狂気の優曇華院
03.お兄ちゃんどいて! そいつ殺せない!
04.『moe』は明日のかてになり
05.メカInitialY,FUCK ME -Dust Planet Mix-
06.ニートのうた

なんでコノ曲がこのフォルダに?とうい疑問もあるとは思いますが・・・勘弁。
ノリで入れてしまって後悔した曲もいくつかあります。
実際は同じ曲を聴いてることが多いデスねー
まぁ、そんなもんだよねー

ここに並んだ曲が全て分かるって人はすごいと思う。
すごいヲタクだと思う。
でも、別に私はそんなヲタクではありませんよ。
電波ソングとか好きですけどね
飽きのこない電波さが好き

昼食と夕食を頂いたが、可もなく不可もなくといった感じだ。
全体的に薄味な為、ご飯の食を進ませるオカズがない。
毎回のように果物がでるのか、昼はオレンジ。夜はチェリーがでた。
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-25 23:59

すぐに寝ますが

とりあえず一言

入院してきま~す♪
[PR]
by nozomi_eru | 2007-05-25 01:37 | 日記