<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

とりあえず更新。

今日も更新することにより、「なるほど偶数日に更新するんだな」と閲覧者に思わせる。
無論、そうする気は毛頭ない。

下北半島旅行で購入してきた『味噌カレー牛乳ラーメン』を調理して食べてみた。
写真も撮ったのだが、デジカメは1階に置き忘れ、パソコンは2階。
1階に下りるのが面倒なので割愛します。

肝心の味はというと、可もなく不可もなく。
生麺タイプの玉子麺であり、麺に関しては自分好みだった。
スープは『日清カップヌードル ミルクカレー味』と似てる。
口に入れた瞬間にミルクの風味が広がり、その直後にカレー味が舌を覆う。
ミルクとカレーを楽しんだ最後に、味噌のしょっぱさが口の中に残る。
薄味好みの私は「味噌は要らない」と感じた。

PSPソフト『ナノダイバー』をプレイ中です。
NHK教育『天才てれびくん』内で放送されていた『ナノセイバー』に影響を受け、
モンハンのシステムに非常に良く似た戦闘システムのこのゲーム。

症状レベル4まで進んだのだが、このゲームなかなか難しい。

防具(スーツ)を作成するのが面倒で、防具を強くせずに突貫すると即死する。
エリア全体を隈なく廻って、ウイルス感染部位に治療を施してウイルス本体を弱体化させて倒すのが基本。
エリア巡回をせずに強化ウイルスに挑むと即死級の攻撃が来る。

モンハンの場合は、1体のボスモンスターを皆でフルボッコにするのが普通の協力プレイだろう。
しかしナノダイバーだと、最初に皆が散り散りになって感染部位を治療してからボスを叩く、もう1つの協力プレイが生まれそうだ。

宣伝が不十分で、モンハンやゴッドイーターの影に隠れてしまい、知名度がいまいちのゲーム。
攻略wikiにも情報が少なく、ゲーム内で分かるウイルスの情報も少ない。
探り探りプレイするゲームも、なかなか面白い。
[PR]
by nozomi_eru | 2011-09-04 23:41 | 日記

およげ!たいやきくん

『およげ!たいやきくん』を知らない人はいないと考えた上で書きます。
今更こんな時代錯誤な歌をネタにすることをお許しください。
暇な授業中に『およげ!たいやきくん』を目にして、少し考えてみたのです。
そして、この歌詞に疑問符をつけた。

こちらが『およげ!たいやきくん』の歌詞全貌です。

まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの
うえで やかれて いやになっちゃうよ
あるあさ ぼくは みせのおじさんと
けんかして うみに にげこんだのさ

はじめて およいだ うみのそこ
とっても きもちが いいもんだ
おなかの あんこが おもいけど
うみは ひろいぜ こころがはずむ
ももいろ サンゴが てをふって
ぼくの およぎを ながめていたよ

まいにち まいにち たのしいことばかり
なんぱせんが ぼくのすみかさ
ときどき サメに いじめられるけど
そんなときゃ そうさ にげるのさ

いちにち およげば はらぺこさ
めだまも くるくる まわっちゃう
たまには エビでも くわなけりゃ
しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう
いわばの かげから くいつけば
それは ちいさな つりばりだった

どんなに どんなに もがいても
ハリが のどから とれないよ
はまべで みしらぬ おじさんが
ぼくを つりあげ びっくりしてた

やっぱり ぼくは たいやきさ
すこし こげある たいやきさ
おじさん つばを のみこんで
ぼくを うまそうに たべたのさ


まず不思議に感じたのが「毎日毎日、鉄板の上で焼かれていること」。
普通にタイ焼きを売っていれば、その日のうちに買い手に渡る、もしくは処分されるだろう。
一人称複数形の『ぼくら』が用いられている以上、1つの魂を複数のタイ焼きが共有しているとも考えづらい。
「毎日入れ替わるタイ焼きに、前日と同じ魂が宿るのか」とも考えたが、
販売しているタイ焼きなので、それも考えにくい。

それでも、この歌詞の『ぼく』は毎日鉄板の上で焼かれているのだ。
『ぼく』は何物だ。
窮めつけは最後の方にある『やっぱり ぼくは たいやきさ』。
この歌詞からも『ぼく』がタイ焼き以外の”何か”ではないのかと疑いを持ってしまう。

この『なにか』が海に落ちてからのことを考えてみよう。
登場してくるのは、サンゴ・難破船・サメ・エビ。
何か気付くことはないだろうか。
全て海の深い所にあるものだ。

このことから『なにか』は泳いでいたのではなく、
潮の満ち引きや波により、海底をゴロゴロと転がったていただけなのではないかと考えた。
海中に落ちた当初は、「サンゴが手を振っていた」ことから、海中をゆらゆらと落ちていったと言える。
しかし、その後は全て海底で起こった出来事だと言える。

そろそろ『なにか』の正体に迫ろう。
現状ではっきりと言えることをまとめてみる。

1.タイ焼き屋の鉄板の上で毎日焼かれている。
2.店のおじさんと喧嘩をした。
3.泳ぐ能力はない。
4.『なにか』本人は、自分を”タイ焼き”だと思っている。コゲがあることを自覚している。

以上のことから、私はこの『なにか』をタイ焼き屋の鉄板にこびりついたタイ焼きの残りカスだと考えた。

それでは、大まかなストーリー考察。

『およげ!たいやきくん』
[PR]
by nozomi_eru | 2011-09-02 19:43 | 日記